• 屋久杉テーブル
  • 屋久杉ついたて(衝立)
  • 屋久杉飾り棚
  • 屋久杉神棚
  • 屋久杉宝珠
  • 彫り物・置物
  • 屋久杉壺(つぼ)
  • 屋久杉花台
  • 屋久杉小物・文具
  • 屋久杉原木(無垢材一枚板)
  • 屋久杉仏壇
  • その他屋久杉製品
  • 屋久杉堂について
  • 屋久杉角材・板材・端材ご購入について
  • 屋久杉について。巨木を生んだ理由
  • 屋久杉堂ブログ
  • お問い合わせ
  • 屋久杉ビーズ(玉)
  • 屋久杉ブレスレット
  • 高級屋久杉ストラップ
  • 高級屋久杉キーホルダー
  • 屋久杉箸
  • 屋久杉湯呑み・ぐい呑み
  • 屋久杉お香
  • 屋久杉名刺
  • 屋久杉堂モバイル
  • 公益財団法人屋久島環境文化財団への寄付について
検索
 
HOME < 屋久島自生の屋久杉について

屋久島自生の屋久杉について

なぜ、屋久杉は巨木になり得たのか。

屋久杉

屋久島の土壌は花崗岩から成り立っています。そのため、極端に栄養が少なく、成長が遅くなることで、木目の詰まった屋久杉が形成されました。

また、屋久島は年間を通じて雨の多いのが有名で、「月に35日も降る」といわれ、その膨大な雨量に耐えうるべく、防腐・防虫・抗菌効果のある樹脂を豊富に蓄えました。

屋久島が台風を避けがたい位置にあることも過酷な環境を語る上で欠かせません。これらすべてが重なり合い、パワースポット屋久島の最大要素である屋久杉ができあがりました。

風雨に耐え抜き数千年息づいている神木・屋久杉の生命力は「長寿」の代名詞ともなっており、厄が過ぎる「厄過ぎ」という語呂の良さもあり、縁起物とされております。

2001年、屋久杉の伐採は終了しました。

伐採後の屋久杉

2001年に屋久島自生の屋久杉伐採は終了しました。 伐採後の切り株や台風などの後の倒木が、年に2〜3度だけ鹿児島本土に運び出され、屋久杉の入札権を持っている業者のみが買うことを許されています。

屋久杉堂では、入札権を持った「美術年鑑」掲載の「日本伝統木芸職人」が落札し製作した屋久杉製品のみを取り扱っております。

伐採終了、そして良木に高まる稀少価値。

稀少価値の高い屋久杉製品

屋久杉の伐採が禁止となり、今後も伐採が開始されることはまず考えにくい状況です。

現在流通しているものは、伐採が行われていた時期の原木やそれを使用した製品、それに上記の台風などで倒れた土埋木が中心です。稀少価値は今後も上がり、限られた良木への需要も高まっていくことが予想されます。

屋久杉堂では、工房で職人の手によって製作された製品の中でもとくに木目が美しく、品質の高いものだけを選び、出来うる限りお求めやすい価格でご提供してまいります。

  • オーダー承ります
  • 屋久杉堂について。7つのあんしん
  • テーブル
  • ついたて
  • 飾り棚
  • 神棚
  • 屋久杉宝珠
  • 彫り物・置物
  • 壺
  • 屋久杉花台
  • 小物・文具
  • 原木(無垢材一枚板)
  • 屋久杉仏壇
  • その他屋久杉製品
  • ブレスレット
  • ストラップ
  • キーホルダー
  • ビーズ
  • ネックレス
  • ルース
  • アクセサリー皿
  • ボールペン
  • 名刺
  • はがき・年賀状
  • 屋久杉箸
  • 湯呑み・ぐい呑み
  • 茶托
  • 銘々皿
  • お盆
  • 屋久杉高級念珠(数珠)
  • 香炉・お香・線香
  • その他小物
お問い合わせ先